合宿免許のメリット・デメリット教えます!

>

人生に一度きり!勉強しながらリゾート気分?!

合宿の参加条件は卒業まで滞在できること!

普通免許で早くて約2週間、普通二輪免許で約10日間は必ず滞在しなくてはいけないので日程の確保が必要となってきます。
仕事をしている社会人でもまとめてお休みが取れる方なら、約二週間で卒業出来てしまうのでとても簡単ですね。学生なら夏休みを利用して合宿に来られる方もいますが、日程の調整が出来ない方は合宿での取得は難しいでしょう。
そして、合宿所は一人だけの参加ではなく色んな地域から来るので、ある程度のコミュニケーション能力が必要になってきます。他の生徒とも交流の機会はあるでしょうから極度の人見知りの方や一人の時間やスペースが欲しい人にとっては、いくら空き時間があるとはいえ合宿というのは苦痛なものになってしまうかもしれませんね。

自分のペースで学習ができないこと!

合宿免許は、一日の教習時間やコマがあらかじめ決められているので組まれたスケジュールを無視して遊びに行くなど自分の都合に合わせたスケジュールを組むことが出来ません。あくまで目的は短期的にかつ集中して免許を取ることなので、教習を第一に考えて参加することをおススメします。
組まれたスケジュールの期間の中で新しい知識が毎日更新されていきますので復習が大事になっていきます。普段使わないような言葉や言い回しがあるので惑わされないように勉強していってください。
他の生徒がいるのでグループで学習するのもいいかもしれませんね。
申し込みをする前に、その場所のルールがありますので事前に確認しトラブルにならないようにしっかり下調べをしておきましょう。


この記事をシェアする