運転免許を早く取得するには合宿が良いの?

合宿免許のメリット・デメリット教えます!

免許の取得から返納まで

運転免許を取得するにあたって2種類の方法が選べます。 一つ目は、指定の自動車学校や教習所に通って(約一か月以上)を取得する方法と一定期間、指定の宿泊施設に滞在し、集中的に教習を受けるというやり方があります。 これがいわゆる合宿免許というものになります。

人生に一度きり!勉強しながらリゾート気分?!

近年、合宿免許では様々な地域で実施されています。 中には海の近くの地域に合宿所を探し、合間にダイビングのライセンスを取る人もいて人気を集めています。 マイナスイオンたっぷりの緑に囲まれた場所で勉強するも良し! 合宿免許において場所選びというのは最重要事項です。

一流ホテル並みの待遇

場所によっては、朝晩のご飯付きや天然温泉があるなど免許取得の目的以外にも様々なアクティビティが存在します。 例えば、ご当地有名のリゾートスパの入場券があったりとか。 近年では、地域を生かして合宿免許以外のオプションで生徒を増やそうとしている傾向があります。

そもそも合宿免許ってどんなもの?

運転免許は様々なシチュエーションで必要になってくるものです。
例えば、気分転換に最適なドライブや友達や同僚とアウトドアを楽しみたいときなど、運転免許は持っていて大変便利なものです。そして、身分証明書として運転免許を提示できるのでやはり持っていて損はありません。

普通車の免許は十八歳の誕生日を迎えなければ取得できません。ですが、教習自体は十八歳の誕生日の二か月前から通うことができます。ただし、仮免許試験を受けれるのは十八歳の誕生日からなので、勉強することは学科の講習が受けることが出来ます。原動機付自転車の運転免許は十六歳の誕生日から受けられます。
そして先に取得していると学科の講習と仮免学科試験が免除になり実技からの教習となります。

近年では、高齢化が進み高齢の方が加害者になってしまう事故が増えています。
アクセルとブレーキの踏み間違いで取り返しの付かないことになってしまうなど、少しの間違いが大きな事故につながるので、高齢運転と呼ばれる七十歳前後の方の運転免許の自主返納を呼び掛けています。都内では交通の便がありますので、比較的、自主返納しやすい環境にいますが、電車がない・バスの運行も早くに終わってしまうなどの地域の住んでいる方は生活があるのでなかなか自主返納に踏み切れないのも現実にあります。
少し怖い話になってしまいましたが、このサイトでは合宿免許のメリット・デメリットをお話ししていきますので少しでも参考になってくれたら嬉しいです。